食の欧米化が進む事について

食の欧米化とは、野菜・魚・穀物を中心としてきた日本の食生活が、肉・油脂類・炭水化物を中心としたものになり、エネルギーの総摂取量が増えた事を言います。
日本人は平均的に欧米人より腸が長く、腸に食べ物が溜まる期間が長くなってしまう事から、大腸がん・メタボリックシンドローム・心臓病・糖尿病などの生活習慣病になってしまうリスクが上がるといったデメリットがあります。
健康面においてはこのようにデメリットが多く挙げられますが、加工したものができる事で便利になる・味付けが良いのでおいしいといったメリットがあります。
このような事から、近年ではどんどん欧米化が進む中で、バランス良く十分な栄養を摂るという事が大切になってきているのが分かります。
日本は世界的に見ても長寿大国だと言われているのですが、一方では生活習慣病になるリスクが高いといった先進医療国でもあります。
日頃から栄養バランスの良い生活を心がけたいものです。